中国の砂漠にてⅠ  〜タクラマカン砂漠〜 (2005年)

大病をして6ヶ月間の入院をしたことがある。
あの時は死を覚悟して家族に遺書まで書いたんだっけ。
よく眠れず病院のベットで夢ばかり見ていた。それも全く同じ夢を繰り返し見ていた。
昔、色覚検査に使われていた図に出てくるような赤、黄色、青などの無数の点が、
当たり一面にうごめいている。
そんな点だけの世界に私は居る。点の集合体が山になったり谷になったりする。
空もない。海もない。何処までも無限に点のみが続いている。
私には羽があるらしい。羽を使って山の上から谷に向かって飛び降りるのだ。
フワーとしながら同時にスピード感があって一瞬は気持ちが良いのだが、
すぐそのあとに私自身が小さな石ころになってしまい、息苦しくなるところで目が覚める。

今、私の目の前に広がる砂丘の風景は、あの夢の中に出てきていた光景とそっくりだ。
ただ違うことは、無数の色で砂が輝き美しい風紋を描くこの谷には、
飛び降りたりして私の足跡など決してつけてはならない、と思う事だ。
そして、いつまでもここでじっと見つめていたいと思った。

すだれ現象